風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #529

leave a comment »

ちょっとヤダ。と、きみが言う。
なんとなく微笑ましい。
なぜだろう。
きみの顔を覗き込んで、少し考える。
そうか、ヤダの前にちょっとがついてるからか。
ぼくは勝手に納得する。
いいよ、やんなくても。と、ぼくは答える。
きみはキョトンとする。
もしもし?やんなくていいの?
上目遣いに聞いてくる。
ヤなんでしょ。
ヤじゃない。ちょっとヤなだけ。
そしてきみはやり始める。
それ終わったら散歩に行こうよ。
ぼくの誘いにきみは大きく頷いた。

Written by ken1

2018/02/04 at 18:32

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: