風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #531

leave a comment »

 ずっと以前、どのくらい以前だったのか、
 とにかくずっとずっと、今となってはそのくらいずっと前のこと。
 ぼくはきみの誕生日に自分で書いた掌編小説を贈った。
 懐かしいな。
 若かったんだろう。
 でも自信作だった。
 陽射しがきみを包む小説。
 ぼくの掌編小説の原点なんだろう。

 今日、久しぶりにきみと陽当たりの良いカフェに入った。
 話が弾んでいつしか、きみの顔が正面から陽射しに包まれていく。
「席を替わろうか」
「うん」
 今度はきみの顔の右半分だけが陽射しを受ける。
 それをきみは長い髪で遮った。
「もしもし、ね、今度は大丈夫」
「以前もこんなことあったっけ」
 きみは笑って答える。
「あの時の小説の中でね」
 きみもまだ覚えていたようだ。
 少しくすぐったい感じがした。

Advertisements

Written by ken1

2018/02/18 at 19:41

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

%d bloggers like this: