風、空、きみ

talk to myself

Archive for 3月 2018

きみのもしもし #536

leave a comment »

「もしもし」
 きみが意味深な顔をしている。また何かに感化されたのかな。
「タイムスリップで過去に行けるとしたら、いつに戻りたい?」
 高校時代かなぁ。
「本当に戻りたい?」
 いやぁ、戻れなくてもいいけど。
「けど?」
 あの当時はやけに楽しかったなぁってさ。
「今は?」
 楽しいよ。また別の気のおけない仲間もいるし。
「いいね」
 うん、いいよ。
「よかった」
 どうして?
「トイムスリップされてどっか行っちゃうと少し寂しいから」
 少し?
「うん、少しね」
 大丈夫、行かないよ。ここにいるよ。
 きみは満開の桜を見上げて、微笑んでいる。
 それを見て、ぼくは思う。
 うん、今が一番だな。

Written by ken1

2018/03/25 at 14:39

カテゴリー: 未分類

きみのもしもし #535

leave a comment »

 毎日忙しいようだ。
 そんな季節なんだろう。
 異動があったり、転勤があったり、
 退職したり、再就職したり。
 そして親しい仲間とは心からの送別会で語らい、
 来月からなかなか会えなくなったり。
 そんなのがいくつも重なる、
 そんな年齢ってのも存在するのかも知れないね。
 で、きみに環境の変化はないの?
「もしもし、それはあなた次第かもね」
 親しい仲間の見送りで、きみは少しだけ寂しそうな笑顔を浮かべ、
 意味深な問いかけを口にする。

Written by ken1

2018/03/18 at 19:08

カテゴリー: 未分類

きみのもしもし #534

leave a comment »

 少し疲れが溜まっていたのか、
 お気に入りの器を二つも立て続けに割ってしまった。
 どちらも洗っている最中に手から滑り落ちた。
 ひとつはプラハに行ったときの自分向けの記念のお土産。
 もうひとつはきみがずっと愛用していた器。
 困ったなぁのオーラをまとって、キッチンに立っていたら、
「もしもし、ものはね、壊れるの」
 きみが横に立っていた。
「ものが壊れないと、新しいものが売れないの」
 そして、ニコニコしながら、
「新しいものが売れないと、作ってる人たち、困るでしょ」
 割れたかけらを袋に入れ始め、
「だから、割れても気にしなくていいのよ」
 怪我はなかったかと聞いてきた。

Written by ken1

2018/03/11 at 15:51

カテゴリー: 未分類

きみのもしもし #533

leave a comment »

 今日はどうしてもそのお店できみに会いたかった。
 会いたい気持ちが裏目に出たのか、
 MINIを使わず、電車で行けばよかったのか、
 この少し早めの春うらら、道は混み、思うようにMINIは進まず、
 結局、きみが先に行っているそのお店まで閉店までに着けなかった。
「もしもし。でもわたしはちゃんと待ってたでしょ」
 今、きみは助手席に座り、春の夕日を浴びている。
 ありがとう。会えてよかった。
 ぼくは素直に気持ちを伝える。
「でも次は一緒にあのお店に行こうね。壁一面にね素敵な写真がたくさんあるの」
 そうだね、次回は必ず一緒に観に行こう。
 帰り道、MINIは小気味好いエンジン音を響かせる。

Written by ken1

2018/03/04 at 22:11

カテゴリー: 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。