風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #542

leave a comment »

 きみが精一杯口を一文字にする。
 きみは口を一文字にすると笑窪ができる。
 ただし右側だけの片笑窪。
 かわゆいんだけど、
 これはきみにとってはよろしくない状態の証。
ー失くしたの。
 とっても大切にしていたものをどこかに落としたらしい。
 一生懸命笑顔を保とうとして、 
 きみの片笑窪はますます深くなる。
ー言われなくてもわかってる。
 そうだね、形あるものはいつかは壊れ、いつかは無くなる。
ー大切な思い出と思いはずっと残るんだもん。
 瞬間、きみの笑窪が消えた。
ーもしもし。でもね。でもね。
 大丈夫。明日には見つかるよ。
 もっともっと思いが深くなるように、
 きっときっと明日には見つかるよ。
ー無責任っ。
 きみは呆れず怒らず、笑ってくれた。

Written by ken1

2018/05/06 @ 21:44

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。