風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #546

leave a comment »

 きみの姿が見えない。
 夢なんだろうな。
 そんなことを考えながら、
 ぼくは左の部屋のドアを開ける。
 そこにももちろんきみの姿は見えない。
 どうして、もちろんなんて思ったんだろう。
 今度は右の部屋。
 きっときみはここにもいない。
 そう分かっているのにドアノブを回す。
ーもしもし、ここにいるのに。
 きみはずっとそこにいたかのように現れる。
 気づかないうちにぼくのそばにいる。
 そして笑ってきみはぼくに言う。
ーもう少し寝なさい。
 うん。
 素直にぼくは夢の中で、もう少しだけ眠りにつく。

Written by ken1

2018/06/04 at 00:04

Posted in 未分類

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: