風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #546

leave a comment »

 きみの姿が見えない。
 夢なんだろうな。
 そんなことを考えながら、
 ぼくは左の部屋のドアを開ける。
 そこにももちろんきみの姿は見えない。
 どうして、もちろんなんて思ったんだろう。
 今度は右の部屋。
 きっときみはここにもいない。
 そう分かっているのにドアノブを回す。
ーもしもし、ここにいるのに。
 きみはずっとそこにいたかのように現れる。
 気づかないうちにぼくのそばにいる。
 そして笑ってきみはぼくに言う。
ーもう少し寝なさい。
 うん。
 素直にぼくは夢の中で、もう少しだけ眠りにつく。

Written by ken1

2018/06/04 @ 00:04

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。