風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #547

leave a comment »

 ベストセラーになったあの小説のどこかに、
 空の写真を病室の天井に張りめぐらせるシーンがあった気がする。
 すごく著名な写真家のあの人は奥様が他界した後、
 空ばかりを写していたと書いていた。
 空ってなんだろう。
ー見ていて飽きないね。
 今日は朝からあいにくの雨。
 少し肌寒い。
 ぼくの淹れた珈琲を両手で包んで、
 きみはリビングの窓からどんよりとした空を見上げている。
 ぼくはそんなきみの横顔を楽しむ。
ーもしもし。パンケーキ焼いたげよっか。
 きみがキッチンに入って、
 今度はぼくが空を見上げる。
 確かにこんな雨模様の空でも見飽きない。
 空ってなんだろう。
ー神様がくれた一番のプレゼントかもね。
 キッチンからきみの声が聞こえた。

Written by ken1

2018/06/10 at 18:03

Posted in kiss, 未分類

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: