風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #551

leave a comment »

ーもしもし、そうじゃないでしょ。
 きみが珍しく強い口調で切り出してくる。
 一緒にSNSを見ていた、その最中。
ーだってあなたの方がきっと身軽じゃない。
 一概には言えないかも知れないけどさ、と添えながら。
 ここ数年いろんなことがあって、いろんなことをやっちゃって、
 いろんなものを手放して、確かにぼくは以前に比べると身軽になった。
ーだから、あなたが動けばいいのよ。
 わたしに会いたくなったらあなたはわたしに会いに来る。
 それと同じじゃない、ときみは続ける。
 そうだね、確かにきみの言うとおり。
 彼が落ち着いたら、ぼくの方から声をかけよう。
 何かのついでではなく、あなたと話をしてみたいと、
 あなたとお酒を酌み交わしてみたいと。
 ぼくが不器用な分、ぎこちない会話から始まるんだろうけど、
 とにかくそうしよう。
ーうん、いいんじゃない、忘れないでね。
 きみの口調は優しくなった。

Advertisements

Written by ken1

2018/07/08 at 21:56

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

%d bloggers like this: