風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #553

leave a comment »

ー大好きな道はありますか。
 ずっと以前とっても以前、それは出会った頃のきみがぼくに尋ねた言葉。
 どこに行こう?
 そうきみに聞いて、しまったと思った。
 行き先も決めずにわたしを誘ったの?
 そんな言葉が返ってくると思った。
 でも、きみが口にしたのはそうではなく、
ーもしもし、あなたの大好きな道をドライブしてみたい。
 きみはぼくにそう言った。
 懐かしいな。
 クーラーを強めに点けても、窓からの陽射しがそれを打ち消す。
 指を折って数えることもできないくらい久しぶりにこの道を通り、
 今、きみに会いにいく。
 忘れかけていた思い出が蘇る。

Written by ken1

2018/07/22 @ 15:23

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。