風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #556

leave a comment »

「想い出はいくつあっても足りないね」ときみが言う。
 人は忘れていく生き物だとよく耳にする。
 想い出を100個作っても、いったいいくつ憶えているのだろう。
 忘れたくないのに忘れてしまう想い出もある。
「だったらひとつでも多くの想い出を作ろっ」
 きみはそう言って、
 今日と明日のふたりの共同作業をぼくに伝える。
「もしもし」
「何かな」
「わたしはぜーんぶ憶えているのよ。何ひとつ忘れない」
「そうだね。ぼくもそうだよ」
 忘れないために、せめてもの抵抗。
 ぼくらはそっと手を繋ぐ。

Written by ken1

2018/08/12 at 16:31

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: