風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #559

leave a comment »

 きみが寝息を立てている。
 ゆうべ、ぼくが寝るときにはきみはソファで何かを作っていた。
ーまだ寝ないの?
ー友だちに贈るプレゼントを作っているの。
 きみが隣に潜り込んできた時間をぼくは知らない。
 ぼくはベッドを抜け出し、朝食の用意をする。
 珈琲豆を挽く音はきみの眠りを妨げることになるだろう。
 珈琲は最後に、それもドリップパックを使うことにしよう。
 朝の音楽も今日はイアホンで聴くとしよう。
 食器の当たる音にも注意を払い、
 ぼくはサラダとヨーグルトを盛り付ける。
 そうだな、パンは少し厚めに切っておこう、何となくそんな気分。
 ゆで卵なんてのもあると、きみは驚くかな。
 きみの目覚めたときの「もしもし」を楽しみに、
 ぼくは音の出ないメニューでふたり分の朝食を用意する。
 

Written by ken1

2018/09/02 at 18:16

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: