風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #561

leave a comment »

 きみと90分、話をした。
 そのお店でカウンター越しに向き合って。
 カフェで1時間や2時間、一緒に過ごすことは、よくあること。
 でも今日はずっと話をしていた。
 きみがずっと話していて、ぼくがずっと聞く。
 もしくはその逆。
 そうではなく、小さい子供のピンポンのように、
 大きな弧を描いて、ゆっくりと言葉を交換した。
 まだまだきみはぼくの知らないことだらけ。
「もしもし」
 きみはうれしそうに笑う。
「ずーと続きそうね、わたしたち」
 それについては否定も肯定もしないけど、
 ただ、これから先も、
 もっともっときみのことを知り続けたいと思った。

Written by ken1

2018/09/17 @ 00:58

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。