風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #563

leave a comment »

 きみからランチのお誘いがあった。
 待ち合わせはそのお店。
 ぼくがお店に着くと、きみはニコニコと待っていた。
 テーブルには真新しいメニューが広げてあり、
 きみはその中のひとつを指さした。
「覚えてる?」
 そんな問いかけはずるいなぁと思いつつ、
 でも何もピンと来ない。
「もしもし、教えてあげる」
 きみは自慢げでもなく、ほんの少しだけ頬を染めて続けた。
「初めて一緒にランチをした場所はここ」
 え?
「そして、そのとき食べたのはこれ」
 え?
 当時のお店はすでになく、その場所には今はこのお店があり、
 ただ、当時から評判のよかったこのメニューだけは受け継がれているらしい。
 よくたどり着けたね。
 ぼくは素直に感心する。
 きみは素直に胸を張る。

Written by ken1

2018/09/30 @ 23:41

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。