風、空、きみ

talk to myself

Archive for October 2018

きみのもしもし #567

leave a comment »

 宿題がまったく理解できない。
 いや、違うな。教わったことが消化できないでいる。
 テキストを見ても、そう書かれているけど、理屈が腑に落ちない。
 ネットで検索してもスカッとするものにヒットしない。
 クラスメイトは親切にSNSで教えてくれる。
 言わんとすることは、その気持ちは伝わってくるのだが、
 でもぼくは理解できない。困ったなぁ。
「何にらめっこしてるの?」
 うんうん唸っているぼくを見て、きみがしびれを切らす。
「もしもし、ドラマ始まったよ」
 ドラマはビデオでもいいか。
「もしもしっ、お茶冷めちゃうよっ」
 あっそれはやばい。
 せっかく温かいお茶を入れてくれたきみ。
 うん、いいや、宿題また後で。
 温かいお茶の方がとても重要だ。

Written by ken1

2018/10/28 at 21:32

Posted in kiss

きみのもしもし #566

leave a comment »

 きみが風邪をひいた。
 熱はどうにか下がったようだか、声はほぼ出ないらしい。
 こんなときSNSって便利だなと、少し不謹慎ながら思う。
 何か作りに行こうか?
ーあなた、料理下手。
 短文でやり取りできる利点もある。
 だけど、これは来るなと言っているのか、不明。
ーチャプチェ作る。牛肉と豚肉の切り落とし。
 あぁ、材料買ってこいという事か。
 ぼくの分はどうしよう。
 材料を届けるだけにしようか、少し悩む。
ーもしもし。チャプチェ食べてってね。
 病人に作ってもらうのは気がひけるなぁ。
 それもそうだが、さてはて肉はいったい何グラム必要なんだろう。
 普段料理をしないぼくは、てんで見当がつかない。

Written by ken1

2018/10/21 at 19:17

Posted in kiss

きみのもしもし #565

leave a comment »

 毎年夏の花火を楽しみにしていたけど、
 今年から?今年だけ?今月になったこの花火大会。
 日没が早まった分、始まりも1時間早くなる。
「もしもし」
 時間を確認せずに遅刻したことに何か言われるかなと思ったが、
 きみは違うことで頭がいっぱいらしい。
「寒いよね」
 もう秋だからね。
「こんなに寒いのに、ほら」
 きみの視線の先には浴衣姿のお嬢さま方がいた。
「一人や二人じゃないのよ」
 冷たい空気にきみは少し身震いをする。
 みんな若いね。
「大人なわたしは首をひねってしまいます」
 そっか大人だものね。
 そんなきみはストールを巻きなおし、
 始まった打ち上げ花火に視線を移す。

Written by ken1

2018/10/14 at 15:56

Posted in kiss

きみのもしもし #564

leave a comment »

ー当たっちゃった。
 きみから送られてきた写真には、
 ゼッケンの横に赤く大きく当たりのスタンプが押されていた。
ー完走したらもらえるそう。
 じゃあ、是が非でも頑張らないとね。
ーでも何がもらえるのかしら。
 4時間半後のお楽しみ、だね。
 きみはこれから久しぶりのフルマラソン。
 そろそろスタートの合図が響く。
ーもしもし、完走したらあなたからも何かあるのかしら。
 そうだね、いいよ。
 また今回も応援には行けない。
 でも、きみはきっと完走することだろう。
 秋晴れの今日、体を動かすにはちょうど良い気候。
 朗報、お待ちしています。
 でも、何が当たるんだろうねぇ。
 ぼくまで気になってしようがない。

Written by ken1

2018/10/08 at 01:32

Posted in kiss

%d bloggers like this: