風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #565

leave a comment »

 毎年夏の花火を楽しみにしていたけど、
 今年から?今年だけ?今月になったこの花火大会。
 日没が早まった分、始まりも1時間早くなる。
「もしもし」
 時間を確認せずに遅刻したことに何か言われるかなと思ったが、
 きみは違うことで頭がいっぱいらしい。
「寒いよね」
 もう秋だからね。
「こんなに寒いのに、ほら」
 きみの視線の先には浴衣姿のお嬢さま方がいた。
「一人や二人じゃないのよ」
 冷たい空気にきみは少し身震いをする。
 みんな若いね。
「大人なわたしは首をひねってしまいます」
 そっか大人だものね。
 そんなきみはストールを巻きなおし、
 始まった打ち上げ花火に視線を移す。

Written by ken1

2018/10/14 at 15:56

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: