風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #573

leave a comment »

ー今年はここ。
 昨夜遅くに連絡があり、ぼくは今朝早起きしてこの駅できみと待ち合わせ。
 ぼくらは駅からバスに揺られ、そこから40分ほどのハイキング。
 そこが今年のここ。
ーやっぱり潮焼けしてるね。穴場だと思ってたんだけどなぁ。
 海に近いところの紅葉は、山場でも潮焼けをしているんだろうね。
ーでもね。
 きみはぼくの視線を空に向けた。
 潮焼けから逃れた真っ赤な葉っぱたちはお日様の光を存分に浴びて、
 少ないなりに、でも見上げた空をそれはそれは綺麗に飾っていた。
ーもしもし。もしもし。
 そして、きみは上を向いたまま呟く。
ーきれいですよ。ほんときれいですよ。
 ありがとうときみが空に浮かぶ紅葉に呟く。

Written by ken1

2018/12/09 at 19:21

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: