風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #599

leave a comment »

 幼い頃、すすきの穂で蛍を捕まえていたことを思い出した。
 夜、小川の淵ですすきの穂をゆっくり左右に振ると、
 たくさんの蛍が穂にくっついてきた。
 その蛍をそっと籠に移し枕元に置くと、
 柔らかい灯となって、ぼくと母親を包んでくれた。
 今夜の蛍放生祭を見にきて、そんな思い出が蘇った。
「ねぇあっちにもいる。あ、こっちにもいた」
 きみがそっと耳打ちするように、でも
 はしゃいでいるようにもとれる口調でぼくに教えてくれる。
「もしもし、どうしたの、ぼーっとしてる」
 ううん、ぼくは首を横に振る。
 きれいだなって思ってさ。
 そんなぼくらの前を柔らかい灯がひとつ、横切った。

Written by ken1

2019/06/09 at 22:16

Posted in kiss

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: