風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #599

leave a comment »

 幼い頃、すすきの穂で蛍を捕まえていたことを思い出した。
 夜、小川の淵ですすきの穂をゆっくり左右に振ると、
 たくさんの蛍が穂にくっついてきた。
 その蛍をそっと籠に移し枕元に置くと、
 柔らかい灯となって、ぼくと母親を包んでくれた。
 今夜の蛍放生祭を見にきて、そんな思い出が蘇った。
「ねぇあっちにもいる。あ、こっちにもいた」
 きみがそっと耳打ちするように、でも
 はしゃいでいるようにもとれる口調でぼくに教えてくれる。
「もしもし、どうしたの、ぼーっとしてる」
 ううん、ぼくは首を横に振る。
 きれいだなって思ってさ。
 そんなぼくらの前を柔らかい灯がひとつ、横切った。

Written by ken1

2019/06/09 @ 22:16

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。