風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #608

leave a comment »

 昔の人はよく言ったものだ。
ー親孝行、したいときには親はなし。
 親父の時から分かっているはずなのにね。
 それなのについ、まだ大丈夫って思ってしまう。
 時に終わりはあるはずなのに。
 何の根拠もなく、まだ大丈夫って思ってしまう。
 それは田舎のお袋に対してだけではなく、
 きみに対しても、まだ大丈夫って思ってしまう。
「もしもし、どうしたの?」
 珈琲に口もつけず、きみをただじっと見ていたら、
 そうだよね、不思議に思うよね。
 どうもしない。ただ。
「ただ?」
 もっと話そうか。呆れるくらいに話そうか。
 そしてまた、きみは不思議な顔をする。

Written by ken1

2019/08/11 @ 17:42

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。