風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #616

leave a comment »

「もしもし」
 始めにそう言ってから、きみはずっと話し続けている。
 途中で口を挟む隙もないほど、ずっと話し続けている。
 ぼくはとにかく、そんなきみから目を離さずに、
 そうだね。
 とだけ、時折り相槌を打つ。
 そしてたまに珈琲に口をつける。
 きっときみの珈琲もぬるくなっているだろうに、
 きみはそんなことにはお構いなしで、
 ずっと話し続けている。
 いくらでも、いつまでも、聞いていてあげよう。
 ぼくはまた相槌を打つ。

Written by ken1

2019/10/06 @ 19:09

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。