風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #617

leave a comment »

 ゆっくりと、でも確実にぼくらは歳をとる。
 前向きに言葉を変えれば、歳を重ねると言うことか。
 物忘れも出てきて、身体のあちこちにガタが来る。
 今までのスピードで物事が処理できなくなって、
 自分自身でも焦ったくなる。困ったものだ。
 そんな話をきみにしていた。
 すると、きみはキョトンとしてぼくを見る。
ーもしもし。
 笑顔でぼくを見る。
ー歳をとることはそんな悪い事ばかりじゃないよ。
ーきっとそうじゃないよ。
ーいろんなものが見えてきて。
ーいろんなことに優しくなれて。
ーきっとそうだよ。
ー楽しみだなぁ。
 きみはおいしそうに珈琲に口をつける。

Written by ken1

2019/10/14 @ 13:04

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。