風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #620

leave a comment »

 きみと話していて、ずっと話していて、
 そこそこお酒も入っているものだから、
 でもぼくの方が飲んでいるものだから、
 会話の途中で、オチを忘れてしまう。
 それでもきみは笑って頷いてくれる。
「もしもし、それってこういうこと?」
 そうかも知れない。うん、きっとそうだ。
 そしてまた新しい会話が始まる。
 でも不思議だね、時計を見ているわけでもないのに、
 オチを忘れるくらいに酔っているのに、
 きみが帰れるギリギリの時間には気づいてしまう。
 うん、大丈夫。ぼくはぼくでちゃんと帰られから。
 今夜はこれ以上、寄り道はしないからさ。
 でも、それはそれできみは納得がいかないみたいだ。

Written by ken1

2019/11/04 @ 00:39

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。