風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #626

leave a comment »

 きみがクリスマスプレゼントを渡したいと連絡してきた。
 クリスマスの日、逢えないかも知れないものね。
 逢えれば逢えたでいいし、逢えないかも知れないことを想定して、
 今日夕方そこに来るようにきみは指定してきた。
 そこには壁からピアノの鍵盤だけで出ていて、
 誰でもいつでもピアノを弾くことができた。
 その鍵盤の前に用意されている椅子に腰掛け、
 きみはこちらを向いてぼくを待っていた。
「もしもし、いいこと、みんなのピアノだから一度しか弾かないからね」
 そしてきみは軽やかに聴いたことのあるクラシックの名曲を弾き出した。
 練習したんだね。きっとすごく練習したんだね。
 その場限りの、唯一無二のきみからのプレゼント。
 ありがたく心に刻んでおくね。
 クリスマス10日前、道ゆく人もきみのピアノに足を止めた。

Written by ken1

2019/12/15 @ 21:09

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。