風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #651

leave a comment »

 ぼくらはベンチに腰掛けて、空を見上げる。
 ベンチを包む大木の隙間から夏空が見える。
 梅雨はまだなのに、もう夏並みの季節感だ。
 ねぇ。
 ぼくはそう言ってきみの手に触れる。
 何かするわけじゃないんだけどさ、
 ぼくはちょっと照れながら。
 会うっていいね、会えるっていいね。
 きみの手を少しだけ強く握る。
ーもしもし。何かしてもいいのよ。
 きみはいたずらっぽく微笑んだ。

Written by ken1

2020/06/07 @ 18:49

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。