風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #663

leave a comment »

ーいつまで着けとくのかな。
 きみが答えの出ない質問を投げかける。
 いいんだよ、周りに人がいなければ。
 いいんだよ、ぼくの前では。
 ふふふと、きみが笑って続ける。
ーこれでお化粧ごまかしてるの。
 もともとそんなにお化粧してないでしょうに。
ーうぅん、気持ちの問題なのよ。
 そういうものなんだ。
ーでもね、いつだってこれを外せる準備をしておくことにしたの。
 ぼくの前には美容サロンのチラシが置かれた。
ーもしもし、えらいでしょっ。
 そうだね、ものは考えようとはよく言ったものだね。

Written by ken1

2020/08/30 @ 19:25

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。