風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #673

leave a comment »

ー飴、あげる。
 きみの右手から、ぼくの右手に、
 セロファンに包まれた懐かしい丸っこい飴が、1個手渡された。
 昔おばあちゃんからよくもらったのに似てるね。
 きみは、そんな昔のことは知りません、と笑っている。
ーこの飴、ほんとゆっくりと溶けるんだよ。
 ぼくは口に頬張り、その感覚を味わった。
ーゆっくりとした時間って大切だよね。
 きみはぼくにまた飴を3個手渡した。
ーもしもし。週末までの分だよ。
 ありがとう。
 そして、ぼくの口の中でゆっくりと溶ける感覚はとてもとても懐かしかった。
 

Written by ken1

2020/11/08 @ 23:31

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。