風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #675

leave a comment »

「もしもし、またそのシャツ?」
 袖を通したぼくにきみが不思議な顔をしている。
 白いシャツは何枚か持っている。
 だから、この前と同じシャツじゃないよ。
「同じに見える」
 きみは不思議そうにシャツに顔を近づける。
「好きなんだね、このシャツ」
 ぼくは頷く。
 このシャツはね、
 ぼくの体との間に、風が入るんだ。
 きみは少しだけキョトンとし、
「あ、それ、なんとなく分かる気がする」
 そして、ぼくのシャツと腕を組む。

Written by ken1

2020/11/22 @ 22:10

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。