風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #681

leave a comment »

 ぼくが少年だった頃、
 なんの不安もなく、近所の友だちと大声を出して裏山で遊んでいた。
 大人になって、
 多少の不安を抱えながら、
 仲間と居心地の良いバーで顔を突き合わせ語り合っていた。
 変わらなかったのは、
 隣にいた彼らと肩を組み、顔を近づけ、間近で目を見て、
 心通わせ、ふれあったこと。
 デジタルの時代でとても便利になったけど、
 横道に逸れることもなく、必要なときだけの繋がり。
 楽しかったまったく関係のない会話、
 そしてあの時のワクワク感もまだ湧いてこない。
ーもしもし。人間らしいって何だろうね。
 きみまで簡単で難しい事を聞いてくる。

Written by ken1

2021/01/03 @ 18:58

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。