風、空、きみ

talk to myself

Archive for 3月 14th, 2021

きみのもしもし #691

leave a comment »

「時とともに愛する人を見つめることを忘れてはいないか?」
 朝、テレビを観ていたら、画面の向こうからそう問いかけられた。
 忘れてはいない。
 それがきみであれ、お袋であれ、
 忘れてはいない。
 夕方、川沿いをジョギングしていると、
 ひと組のカップルが手を繋いで歩いていた。
 忘れてはいないけど、久しくお袋をハグしていない。
 以前ハグした時の照れた、でもうれしそうな顔を思い出した。
ーもしもし、もう少しの辛抱だよ。
 夜、きみは淹れたての珈琲をぼくに差し出してくれた。

Written by ken1

2021/03/14 at 19:40

カテゴリー: kiss

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。