風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #695

leave a comment »

 またスニーカーを買ってしまった。
 帰宅して靴箱を開けて、はたと困った。
 このスニーカーを入れるスペースがない。
 さてとどの靴を断捨離しようか。
 一年間使わなかった真新しい靴を整理するか、
 長年使い古した靴を整理するか。
 それぞれに懐かしい思い出が蘇り、
 靴箱に収まっている靴を前に、ぼくの動きは止まる。
「もしもし、これ何?」
 包装紙に包まれたスニーカーを指差し、きみが笑っている。
「どこに収めるのかな」
 ぼくは腕を組み、頭を振る。
「わたしのエリアまで侵食しないでね」
 きみはいたずらっぽく笑ってる。

Written by ken1

2021/04/11 @ 18:00

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。