風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #696

leave a comment »

 ぼんやりと電車に乗った。
 しばらくすると車窓から葉桜が見えた。
 春が来てたんだ。
 口元が緩むのを感じた。
「もしもし」
「ぼんやりっていいね」
「なんとなく幸せだね」
 陽射しがきみを包んでいる。
 ぼくは、そんなきみの手を離さないようにしようと思った。

Written by ken1

2021/04/18 @ 23:04

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。