風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #729

leave a comment »

「見ないことには、ね」
 あなたが目にしたものは、間違いなく真実なのだと、きみが言う。
「だって、その目で見たものは疑いようがないじゃない」
 分からなくなったら、自分の目で見てみるしかないじゃないと。
 見てもいないのに、ねぇ、ときみが笑う。
「もしもし」
 きみが続ける。
「だから、一緒にたくさんたくさん、いろんなものを見ていこう」
 楽しそうにきみが笑っているのも、
 ぼくにとっての間違いのない真実だ。

Written by ken1

2021/12/05 @ 19:29

カテゴリー: kiss

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。