風、空、きみ

talk to myself

Archive for the ‘kiss’ Category

きみのもしもし #625

leave a comment »

「とにかくやろうよ」ときみが言う。
「なやんでる時間なんて、もったいないよ」ときみは続ける。
「じっくり考えるのもいいけど、でもね」
「やり続けることでいいこともあるよ」
「きっとあるから」
 矢継ぎ早のきみの話を聞いていて、ふと思った。
 そういえば、誰かが歌っていたな。
 Keep on moving.
 そして昔からの言葉、継続は力なり。
「もしもし」
 きみはふふふと笑う。
「一休みもありだけどね」
「やってみて、だめだったらやり直せばいいじゃん」
 結局どっちなんだろう。
 でも、きみはまたふふふと笑う。

Written by ken1

2019/12/08 at 22:54

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #624

leave a comment »

きみとひと言も言葉を交わさずに今日を過ごす。
それぞれがそれぞれに今日1日を過ごす。
いつものように音楽をかけるわけでもなく、
テレビを点けるわけでもなく、
ましてや溜まっているビデオや、YouTubeも流さない。
静かに朝食が並んでいて、お昼はぼくが手を掛ける。
何も変わったことのない1日。
窓越しの日射しだけが少しずつ部屋に入り込んでくる。
そんな1日だから、
きみは「もしもし」も口にしない。
ましてやぼくも待つこともない。
でもこんな日もいいものかも知れない。
そして気づくと、きみが隣で寝息を立てていた。

Written by ken1

2019/12/01 at 22:12

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #623

leave a comment »

 新しいMINIに乗り込み、ドアを閉める。その音。
 シートに座り、窓を開ける。
 遠くから子どもの笑い声と鳥のさえずりが聞こえる。
 少しだけその声に耳を傾け、そして
 エンジンに火を入れる。
 前のと同じエンジン音のはずなのに、その響きが心を揺さぶる。
 そしてきみからの電話の着信音。
ーもしもし、そーゆーのをね。
 きみの微笑みまでも音として聞こえてきそうだ。
ー幸せな音って言うんだよ。
 なるほどね。
 今日は幸せな音に包まれているようだ。
 ぼくはゆっくりアクセルを踏み込み、
 きみの待つお店へと向かう。

Written by ken1

2019/11/24 at 19:34

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #622

leave a comment »

 朝、散歩をする。
 旅に出ると朝のふつうの日課になるのに、家にいると週末でもまずやらない。
 田舎の実家に戻ると、最後の朝の儀式みたいな感じ。
 でも今朝、2階の自分の部屋から見える景色がぼくを朝の散歩に誘った。
ー町中が森林浴って感じだよ。
ーすごいね。
 車の音も聞こえない。
 人の行き来もない。
ーもしもし、森の中に迷い込んだ感じかな?
 おいおい、そこまで山奥じゃないよ。
 ぼくは思わず苦笑する。

Written by ken1

2019/11/17 at 12:58

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #621

leave a comment »

 きみが憂鬱な顔をしている。
 そんな顔のきみを見るのは初めてだ。
 どうしたのかな。何か気になる事があるのかな。
 きみは憂鬱な顔のまま、
 憂鬱そうな目つきでぼくを見上げる。
 こんなときはどうしたものか。
 ぼくはきみの憂鬱そうな視線から
 目を離さないようにして、
 そうだっ。
 試してみよう。
 ぼくはにっこり笑って、
ーもしもし。もしもーしっ。
 きみの専売特許できみにささやく。
 きみの憂鬱が晴れるように、
 何度でも何度でもきみにささやく。

Written by ken1

2019/11/10 at 23:25

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #620

leave a comment »

 きみと話していて、ずっと話していて、
 そこそこお酒も入っているものだから、
 でもぼくの方が飲んでいるものだから、
 会話の途中で、オチを忘れてしまう。
 それでもきみは笑って頷いてくれる。
「もしもし、それってこういうこと?」
 そうかも知れない。うん、きっとそうだ。
 そしてまた新しい会話が始まる。
 でも不思議だね、時計を見ているわけでもないのに、
 オチを忘れるくらいに酔っているのに、
 きみが帰れるギリギリの時間には気づいてしまう。
 うん、大丈夫。ぼくはぼくでちゃんと帰られから。
 今夜はこれ以上、寄り道はしないからさ。
 でも、それはそれできみは納得がいかないみたいだ。

Written by ken1

2019/11/04 at 00:39

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #619

leave a comment »

 欲しいものは何?
「靴がいいな。素敵な靴がいい」
 素敵な靴は素敵なところに連れていってくれるから。
 と、きみが続ける。
 きみにとっての素敵なところはどこなんだろう?
「また来たくなるような、何回でも来たくなるような、
 そんな魔法をかけてくれるところ」
 うーん、どこだろう。
「大丈夫、素敵な靴が教えてくれるから」
「もしもし。うふふ」
 きみが微笑む。

Written by ken1

2019/10/27 at 21:47

カテゴリー: kiss

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。