風、空、きみ

talk to myself

Archive for the ‘kiss’ Category

きみのもしもし #683

leave a comment »

ー笑うと幸せになれるって。
 きみが真顔で言ってくる。
 いろんな人が言ってるし、いろんなサイトでも目に留まる。
 でも、きみから聞くと素直に「そうだよね」と思ってしまう。
ー朝、顔を洗ったらね、鏡に向かって笑うんだよ。
ーご飯を食べたらね、笑うんだよ。
 そして一番大切なのは、ときみが続ける。
ーわたしを見たら、笑うんだよ。
 もしもしときみが真顔でそう言ってくる。
 うん、今まで以上にそうするよ。
 きみはクスリと微笑んだ。

Written by ken1

2021/01/17 at 18:14

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #682

leave a comment »

ーなにを見てるの?
 空だよ。
 淡い感じのブルーに、
 ほんの少しだけ、気にならなければ気にならないほどの
 本当に薄い白のフィルターをまとった空。
 でも雲はひとつもなく、淡い感じのブルーの空。
 つい見上げてしまう。
ーなにを見てるの?
 鳥だよ。
 そのブルーの空で気持ちよさそうに羽を広げて飛んでいる。
 いち、に、さん、よん。四羽もいるね。
ーもしもし、わたしはね、あなたを見てるの。
 もちろん、ぼくもきみを見ているよ。

Written by ken1

2021/01/10 at 17:40

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #681

leave a comment »

 ぼくが少年だった頃、
 なんの不安もなく、近所の友だちと大声を出して裏山で遊んでいた。
 大人になって、
 多少の不安を抱えながら、
 仲間と居心地の良いバーで顔を突き合わせ語り合っていた。
 変わらなかったのは、
 隣にいた彼らと肩を組み、顔を近づけ、間近で目を見て、
 心通わせ、ふれあったこと。
 デジタルの時代でとても便利になったけど、
 横道に逸れることもなく、必要なときだけの繋がり。
 楽しかったまったく関係のない会話、
 そしてあの時のワクワク感もまだ湧いてこない。
ーもしもし。人間らしいって何だろうね。
 きみまで簡単で難しい事を聞いてくる。

Written by ken1

2021/01/03 at 18:58

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #680

leave a comment »

 きみの隣にいれることを考える。
 テーブルの隣できみは陽射しに包まれている。
 今日の陽射しは暖かいね。
 きみは何も答えず、
 安心した顔で寝息を立てている。
 おでこを少し触ってみよう。
 きみはむにゃむにゃ。寝言かな。
ーもしもし、ほのぼのとした時間、好きだよ。
 そんなことを言ったのかな。
 きみの隣にいれることを考える。

Written by ken1

2020/12/27 at 18:18

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #679

leave a comment »

お菓子を食べよっ。
お菓子っていいよね。
いろんなお菓子があるけれど、
どれもいいよね。
お菓子を食べよっ。
もしもし、珈琲はまかせるわ。
どれにする?
わたしはこっち。
あなたはそっちね。
お菓子って、毎日を幸せにしてくれるよね。
ねぇ、そう思わない?

Written by ken1

2020/12/20 at 18:06

カテゴリー: kiss

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。