風、空、きみ

talk to myself

Archive for the ‘kiss’ Category

きみのもしもし #758

leave a comment »

 きみにひげとしっぽをくっつける。
 そんなことを考えてみた。
 するときみは猫になる。
 それとも、
 ひげとしっぽをとった猫がここにいるのか。
 どちらにしろ、きみは猫ということになる。
「もしもし、何考えてるの?」
 ちょっといい事を考えてるんだ。
「ほんとかなぁ」
 きみの口の周りにビールの泡がついている。
 今日は何となく良い日だね。
 ぼくもビールを口にする。

Written by ken1

2022/06/26 at 20:08

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #757

leave a comment »

「身体を大切にしてね」
 きみが囁くように口にする。
 自分を大切にするための一歩なんだろうね。
 今を生きるためにも、
 チャレンジすることは楽しいことだって、
 人間って何でもできるんだよって、
 そのためにもまずは、
「もしもし、身体を大切にしてね」
 そうだね、きっとその通りだね。

Written by ken1

2022/06/19 at 19:43

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #756

leave a comment »

 ずっとずっと以前にきみに聞かれた。
ー好きな道はありますか?
 連山を右手に見ながら走る田舎道。信号なんてほとんどない。
 あの道が好きなのには変わりない。
 でもこの週末きみと初夏の避暑地を走っていて、ふと思った。
 きみと走ればどの道も好きかも。
「もしもし、なにをニコニコしているの?」
 信号待ちで、きみがぼくに聞いてくる。
「この先で車止めて、少し散歩しない?」
 ぼくはにっこり頷いて、
 きみもにっこり頷いた。

Written by ken1

2022/06/13 at 23:27

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #755

leave a comment »

ーみんながどうしてるかって考えるのはやめましょう。
 突然きみが宣言する。
ーそれはきっと安心なだけでしょ。
 そうかも知れない。
ーもしもし、自分が含まれていないみんなになってるよ。
 痛いところを突かれたな。
 ありがとう。
 ぼくは最初からもう一度考えてみることにした。

Written by ken1

2022/06/05 at 19:32

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #754

leave a comment »

「今日できたことを考えればいいのよ」
 きみが優しい表情をしている。
「ほんの些細なことでいいの」
 きみの優しい表情には、いつも見入ってしまう。
「今日できなかったことなんて、考えなくていいの」
 きみの自然な優しい表情に見入ってしまう。
「できたことを考えればいいの」
「もしもし、ちゃんと聞いてる?」
 ちゃんと聞いてるよ。そう答えながらきみを見ている。
「ほんとかなぁ」
 きみの優しい表情がぼくを魅了する。

Written by ken1

2022/05/29 at 20:06

カテゴリー: kiss

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。