風、空、きみ

talk to myself

Archive for the ‘kiss’ Category

きみのもしもし #598

leave a comment »

 遠くに行っているきみからたまに連絡が入る。
 昨日まで裏の境内のベンチで話をしていたはずなのに、
 少し間が空くと、もうどこかに飛んでいる。
 そして必ず、
ーもしもーし、あなたもおいでよ。
 そう言ってくる。
 いいなぁ、きみは鳥みたいで。
 行きたいのは山々なんだけど、
 ぼくはまだまだしがらみが多そうだ。
ーいつでも待ってるよ。
 きみは屈託のない笑顔をメッセージに乗せてくる。

Written by ken1

2019/06/02 at 19:40

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #597

leave a comment »

ー心のフィルムに写す。
 著名な写真家が、今日そう言っていた。
 だからあの日はカメラを持って行かなかったのだと。
 あの日が彼にとってどんな日だったのか、
 うわべだけ想像することは出来ても、
 ぼくには本当に理解することは出来ないんだろうな、と思った。

「もしもし、ぼーっとしてないっ。今日はおニューの夏服だよ」
 きみがぼくの目の前でくるりと一回転する。
 瞬間、夏色のスカートはふわっと開き、
 ぼくだけのバレリーナがそこにいた。
 そっか。
 今日はカメラをカバンから出さずに、
 一秒でも長く、きみを見ていよう。

Written by ken1

2019/05/26 at 21:20

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #596

leave a comment »

 きみは毎日をめいっぱい楽しんでるね。
 きみを見ていて、うらやましいと思うほどに、
 きみは全力で楽しんでいる。
ー今のうちよ。
 きみはそう言う。
ーそのうち、やりたくてもできないときが来るんだから。
 だからきみは今できることをめいっばいやろうとしている。
ーもしもし、でもね。歳をとらないとできないこともあるみたいよ。
 そして続ける。
ーだから元気に歳をとろうね。
 そうだね、元気にね。一緒にね。
 頷くきみは、また次の予定を立てている。

Written by ken1

2019/05/19 at 21:37

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #595

leave a comment »

「素敵な名前のバーね」と、きみが言う。
「行ってみたい」と、きみが続ける。
 いつでもいいよ。
 ぼくは答える。
 ぼくはいつでも大丈夫。
「もしもし」
 きみがいたずらっぽく笑う。
「やっぱり誘うのは男の子からだよ」
 きみはふふふと静かに笑う。
「きちんと誘ってね」
 頬杖をついてふふふと笑う。

Written by ken1

2019/05/12 at 15:55

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #594

leave a comment »

 きみが笑うと季節が変わる。
 どこかで耳にしたことのある台詞だけど、
 今日はまさにそんな気がした。
 GW後半の5月、Tシャツでも汗ばむ陽気。

 昨日きみから笑顔の写真が送られてきた。
ーもしもし、お片づけ進んでますかぁ?
 うん、今月中には片付くよ。後半はどこか行こう。
ー楽しみだね。
 きみは今度はVサイン付きの笑顔の写真を送ってきた。

 そして今日GW後半、陽気はがらりと変わった。
 きみの笑顔で季節が変わったね。
 きみは不思議そうな顔をして、
 でもまた笑顔で話を始めた。

Written by ken1

2019/05/05 at 19:11

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #593

leave a comment »

 寒い春、また冬物を引っ張りだしていると、
 きみが後ろから声をかけてくる。
「もしもし、それじゃあ野暮ったいよ」
 寒くても春は春。
 ではどうしたものか。
 クローゼットの前で腕を組む。
 すると割り込んできたきみが手を伸ばす。
「一枚これを持って行けば?」
 風邪ひきそうなら腕を通せばいいし。
 連休の初日に体調崩したら残りの連休つまんないしね。
 きみはカーデガンをぼくに手渡す。
「念のため、アンターウェアはヒートテックかな」
 なるほど、それだと見た目は春だね。
 ぼくは素直にきみのアドバイスを聞くことにした。

Written by ken1

2019/04/29 at 09:47

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #592

leave a comment »

ー宿題、済んだの?
 きみが笑いながら、ぼくのノートを覗き込んでくる。
 遊ぼう遊ぼう遊ぼうって覗き込んでくる。
 もうすぐ終わらせるから、ちょっとソファで待ってて。
 そう言っても、きみはぼくの隣から離れない。
ープレッシャー、プレッシャー。
 きみが、早くぅって笑ってる。
 今週の宿題はけっこう大変なんだよ。
 でもきみは首を横に振る。
ー終わらないものはないのよ。
 そして、ぼくの宿題の答えに目を落とす。
ーもしもし、ここ間違ってませんか?
 きみはえへんっと腕を組む。

Written by ken1

2019/04/21 at 21:04

カテゴリー: kiss

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。