風、空、きみ

talk to myself

Archive for the ‘zoo’ Category

Midnight Zoo #48

leave a comment »

 ふたりの晴香はおたがいを認めたわけではなく、また譲り合ったわけでもなく、ただそれぞれの思惑で、洗面台の前で横たわっている自分たちの身体を見下ろしていた。
 さっきまでよりもわずかだが輪郭が薄くなってきている晴香が、身体の前に膝間づいた。
「まだ顔色は悪くなさそうね」
 膝間づいた晴香はそっと横たわる身体の頬に手を伸ばした。
「何するのっ。触らないでよっ、わたしの身体なんだからっ」
 やっと手に入れた自分の身体、その思いが膝間づいた晴香に対して言葉を荒立たせた。
「そうやって触って、自分が入り込もうとしているんでしょ」
 言葉とともに、もうひとりの晴香は膝間づいている晴香を払いのけるように、見下ろしていた身体に覆いかぶさってきた。
「だめっっ」
 膝間づいていた晴香は身体の頭部をかばうように両手で横たわる顔を包み込んだ。
 そのとき、覆いかぶさってきた晴香はきっと気づかなかっただろう。
 でも、顔を包み込もうとした晴香は、一瞬身体の顔が、口元がかすかに微笑んだ、いや、ほくそ笑んだのが目に入った。

 ふたつの意識が同時に身体に入り込み、それぞれが主導権をとって、身体を目覚めさせようとしている。
 ふたつの意識はもう譲ることはしない。
ーこれからはわたしの身体なんだから。
ーもともとわたしのものなのよ。
 身体は床の上で、痙攣を起こし、こわばったり、ゆるんだりを細かく繰り返し始めた。
ーきっとこのままでは身体が壊れてしまう。
 ふたりの晴香ともその恐怖を感じながらも、もはや譲ろうとはしなかった。
ーわたしを受け入れるのよ。これからはわたしと楽しむんだから。
ーお願い、壊れないで。もう一度わたしの身体に戻りましょう。
 白目を剥いたまま、身体は小刻みに痙攣を続けていた。

 その夜、航は信号の赤い色で頬を染める晴香を見ていた。
 街灯もないこの交差点、唯一の明かりが信号だった。
 信号待ちをする車もなく、この時間、人通りもない交差点、航は赤い光を晴香の左目にも見つけた。
「帰るね」
 晴香は航の頬に右手を添えると、ふわりと交差点をわたりはじめた。
 思っていたよりもひんやりとした晴香の掌を頬に感じた航は、晴香の言葉でスイッチが入ったかのように、踵を返してさっきまで晴香といたバーに戻った。
「おや」
 どうして戻ってくるんだろう、と宙に浮くような声がカウンターの中から聞こえてきた。
 自分でもなんで戻ってきたのか説明もつかない航は、さっきまでと同じウイスキーを頼んだ。
 ふわりと歩き始めた藤崎晴香のことを知らないわけではなかった。
「ただ」
 知っている限りの、
「いや」
 ほとんど知らない、名前くらい、名字だけはかろうじて記憶にあった。
 真ん丸の氷が沈んだ、浮かぶというより、たしかに沈んだウイスキーグラスが航の視線に入ってきた。
「ひとりごと、ひとりごと」
 マスターは笑いながら軽くおかきの山もさし出してくれた。
 それからほんの数分後だろう、
「戻ってきちゃった」
 少し息を切らしている晴香がバーに現れ、航を背中から抱きしめた。
 航が驚いて肩越しに晴香の顔を見ると、
「知っているわ。航に桜子さんがいることは。でも、いいじゃない、楽しみましょ」
 そう言って、晴香は航と唇を重ねた。

 腕を組み、タクシーに乗った晴香と航は行き先を告げると、また唇を重ねた。
「ほんとうのきみは誰なの」
「そうね、昼間のわたしでも、夜だけのわたしでもなくなったわ。ふたりは譲ることをしなかた。だから、ずーっと潜んでいたもうひとりのわたしがちゃっかり出てきて、ここにいるの。そして、少しだけ時間も戻してみたの」
 航は意味を理解しようとはせず、晴香の首筋にキスをした。
ーあん。
 ふたりを乗せたタクシーは、瑛太とひなのが戯れているはずのいつものお店に向かっている。そこには桜子も来ているかも知れない。

                    完

Written by ken1

2010/09/05 at 11:28

カテゴリー: zoo

Midnight Zoo #47

leave a comment »

ーだからね、わたしたちの身体がもう耐えられなくなってきているのよ。
 ソファに横になっている晴香に、リビングのテーブルに座っている晴香が話しかけた。静かなゆっくりとして口調だった。
 横になっていた晴香はなれない動きで身体を起こし、ソファに深く背をもたれかけた。テーブル側の晴香はテーブルに肘を立て両手の指を絡ませている。
ーどうしてこの部屋にふたりが同時に存在しているの?
 ソファから天井を見ていた春香は少し顔を左右に振ると、テーブル側の晴香に視線を投げ掛けた。
ーわたしたちの身体はまだ洗面台のところに横たわっているわ。どっちのわたしたちの意識で動けばいいのか身体が混乱して、オーバーヒートでも起こしたんじゃないかな。
 淡々と話す晴香の言葉を素直に理解できず、もうひとりの晴香は改めて部屋をゆっくりと見回した。
 何も変わったところはない。普段通り。ちがうのはリビングにもうひとりの自分が座っていることだけ。そのもうひとりが長い間、自分たちの、いや自分の身体を、昼間の時間を占有していた晴香であることは理解できていた。
 そして、リビングの晴香もソファの晴香も互いに輪郭がおぼろげだった。
ーふたりして同じ時間帯を占有したいと考えるようになったときから、現実的な肉体は悲鳴を上げ始めていたんでしょうね。
ーどうして今まで昼間の時間を支配していたあなたが気づかなかったのよっ。
ー支配はしていないわ。ふつうにすごしていただけよ。
ーその考えがむかつくっ。いいからなんで気づかなかったのっ。
 聞かれた晴香は首を横に振り、
ー無理よ。夜のあなたが存在することで昼間の疲れがとれないんだろうな、としか思っていなかったから。そこでわたしたちの精神的存在場所が入れ替わって、どっちからの命令が正しいのか身体だけでは判断できなくなったのよね、きっと。
 それを聞いた晴香はほくそ笑んだ。
ーじゃあ、もう大丈夫じゃない。だって、ほんのちょっと前から主体はわたしに切り替わってんだから、わたしの命令のみで身体は動けばいいのよ。
 テーブルからため息が漏れた。
ーわたしでもあなたでも誰からの命令、だれの意識としてでもいいわ、わたしたちの身体が再起動してくれればね。
ー動くに決まってるじゃない。
ーそうかもね。でもいきなりあなたで試す?あなたが主になったとたんに起きたことなのよ。
 テーブルの晴香の口元が少しだけ笑っている。
 確かにそうかも知れない、ともうひとりの晴香は思った。でもやっと手に入れた身体を再起動させるのにまたテーブルの晴香を一旦だけでも昼の存在として身体に認識させるのは避けたかった。そのまま昨日までの昼と夜の関係に戻りそうだったから。

(続く)

Written by ken1

2010/08/01 at 10:04

カテゴリー: zoo

Midnight Zoo #46

leave a comment »

「たぶんもう少ししたら、あなたはこの瞳も動かせなくなるわ」
 鏡に映るこの晴香の瞳の中には、本来の晴香の姿が小さく映っていた。
 鏡なんだから、姿を映す、顔を映す、瞳を映す、そして瞳に映っているものも映す。
 ただ、瞳に映っているものは小さく、普段は誰も気にすることもない。
 それは本来の晴香もそうだった。
「あなたがわたしを意識し始めてから、わたしは気づいたの」
 晴香は自分の顔をいっそう鏡に近づけた。
「そうここにわたしもいたのよ。気づかなかったでしょ。だってそのとき自己主張しても何もわたしの徳にはならないと思ったし」
 鏡の中の瞳は固まったように動かない。
「そしてさっき、あなたはわたしに謝った。平等じゃないと謝ったんだよ」
 鏡の中の顔は満面の笑顔になった。それでも瞳は動かない。
「あなたからしてみたら、もともと存在しないはずのわたしで、いなくなってほしいはずだったのに、あなたは折れたのよ。昼と夜での晴香という存在の棲み分けで自分を納得させようとしただけじゃなくて、ついにもう諦めて、わたしの存在を肯定したってこと」
ーそんなつもりじゃない。
 怒りや抗戦を感じさせる響きではなく、消え入りそうな、本当に小さい声だった。一筋の涙が鏡に映っている晴香の頬を伝わった。
「こうなっちゃったから、そう言うんだよ」
 頬を伝わる涙なんて関係ないといった口調だった。
「そしてあなたはこのわたしの瞳を通して今までの世界を観るだけの存在になるのよ。わたしが芽生えだした頃のわたしのように。当時のあなたとの違いは、わたしがあなたを意識しているということ。あなたはわたしを意識したことはなかったからね。これからもわたしはあなたを意識し続ける。なぜだかわかる?」
 晴香は鏡から顔を離すと、両手を腰に当て、大きくにっこりと自分に微笑みかけた。
「簡単でしょ。また立場が入れ替わらないように。昼間の世界での存在をわたしはもうあなたに返す気はないわ。そのうち夜の世界もあなたの自由にできないようにしてあげる」
ー夜の世界。
「そうよ。入れ替わったんだから、あなたは夜の世界を、わたしが寝ている間の世界を手に入れたのよ。言うまでもなかったんだけど、すぐ気づくと思うしね」
 晴香はくっくっくっと笑った。
「あら、笑っちゃった。ふふふ。気づいてもすぐにあなたはどうこうできないだろうけどね。自由に動けるようになるのにわたしでさえ結構時間がかかったし。あなたが夜の世界を自由に使えるようになるまでには、この瞳の中から完全に消してあげるわ」
ーえっ。
「それが優しさなのよ。あなたのように謝ることが優しさじゃないのよ。ときには切ってあげることも優しさだと思うな。わたしたちの場合、それはもう一人の晴香を抹消すること。だからあなたには」
 鏡に映った晴香はここまで口にして、突然崩れるように倒れてしまった。

(続く)

Written by ken1

2010/07/11 at 12:38

カテゴリー: zoo

Midnight Zoo #45

leave a comment »

 浅い眠りから目覚めた晴香は、洗面台の鏡に映った自分を凝視していた。
「このままじゃいけない」
 夢から覚めて、いないはずのもうひとりの自分に話しかけた。
 鏡をどんなに強く見つめても、端の方まで目を凝らしても、もうひとりの自分の影は見つからない。
 そんなことは十分わかっているはずだった。
「この身体を昼と夜とで平等に使う。それはそれでもういいんだと納得はしたんだけどね」
 わかってはいたが、見えない自分にちゃんと話を伝えてからこれからの行動を起こそうと思っていた。
 晴香は安心したように、鏡越しにもうひとりの自分を探すのを止めて、鏡に映っている自分、それも自分の薄茶色い両方の瞳に向って話し始めた。
「本当はね、あなたとゆっくりと話したかったな」
 そう口にしたとき、晴香はなんとなく自分の肩の力が取れていくのを感じた。
「喧嘩しても、言い合っても、所詮わたしたちはひとりなのにね」
 小さい丸っこい椅子に腰かけ、肘を洗面台の縁に乗せ、鏡の中の瞳に少しだけ近づいてみた。
「、、、平等なんかじゃない。不平等だね」
 今更ながらに何を気づいているのだろう、晴香の口から小さなため息が漏れた。
「ごめんね。そうだよね」
 もうひとりも自分であることには変わりはない。そのもうひとりは確かに存在している。でも、このわたしの姿としてイメージを相手に与えることができているとは言え、体温を持った肉体としてはあのベッドに横になっている。たぶん夜、もうひとりの自分が転んだとしても、何かに引っかかって怪我をしたとしても、眠っているこの身体が傷つくことはないだろう。
「そんなのは平等じゃないよね」
 晴香は少し呼吸が苦しいような、胸が締めつけられる思いがした。
 鏡のどこを見渡しても、もうひとりの自分はいない。

ーえっ。
 クラシックカメラのシャッターを切ったように、一瞬何かが視界を遮った。
 瞬きをしたら、ほんの今まで見えていた世界とはまったく変わってしまった気がした。
 不安が晴香を大きく飲み込もうとしているのを感じた。
「そうよ」
ーうそ。
「うそじゃないよ」
 晴香が自分の両方の眼で見ている目の前の鏡に映っている自分が、うっすらと微笑んでいる。
「あなたが見ているのは、わたしよ」
 晴香は信じ難い恐怖にかられ、鏡に映っているものを隅から隅まで確認しようとした。
「さっきから何も変わってはいないわよ。ただ」
 少しずつ気づき始めた晴香に、もうひとりの晴香が話を続けた。
「今のあなたはこの薄茶色の瞳しか動かせないの。でもわたしはこの瞳も含めてぜーんぶ動かせるけどね。瞳を動かしてわたしや鏡や周りのものを見て感じることことはできるけど、そこまでね。この指さえ動かすことはできないわ」
 満足気なもうひとりの晴香が鏡に映って、にっこりと微笑んだ。
「ほら、微笑んだのは、あなたじゃないわ。このわたし、もうひとりのあなただもの」

(続く)

Written by ken1

2010/06/26 at 20:21

カテゴリー: zoo

Midnight Zoo #44

leave a comment »

 近くの公園のベンチで、桜子とひなのは珈琲片手にただただ目の前をジョギングしていく人々を見ていた。誰か知り合いを探すとか、何か目新しいものを見つけるためとか、そんな何かの目的をもって見ているのではなく、なんとなく青空のもと、朝のみずみずしい空気につつまれていた。目の前を通りすぎる人々の姿は季節も変わり、露出度の高いジョギング姿が目立ってきたようだ。
 ひなのはそんなジョギングの邪魔にならないように、でも爛漫に足を投げ出している。まるで相談事とかないようにさえ見える。
 桜子は未明までの航との行為を思い出しながら、晴れ渡った青空に目を細めながら、珈琲を口に運んだ。
「ねぇ、どうしよう」
「なんだったっけ」
 ひなのの小さくささやくような不安げな問いかけに、桜子は正直、一瞬何のことかわからないでいた。
ーあれ?どうしてここにひなのちゃんと一緒にいるんだろう。
 きょとんとした眼で桜子はひなのを見つめた。
「上の空だね」
 ひなのはぽつりと言った。相手にしてもらえない寂しさが表情からも見て取れた。
「確かに桜子さんにとっては他愛もないことかもしれないよ。突然電話して押しかけて、そんなことを相談しにきて申し訳ないと思ってるよ。でもね」
 ひなのは視線を足元に落とした。その視線の先を追った桜子には小さな羽根を運ぶ働き蟻が目に入った。
ーこんな朝早くからもう働いてるんだ。
「でもね、聞いて欲しいの」
 黒くて大きな働き蟻はひなののつま先のあたりまで羽根を運んできた。
「結局、わたしを束縛したいだけなんじゃないのかなぁ、瑛太は」
「束縛ねぇ」
ーわたしなんてもっと航に束縛されたいなぁって最近思うんだけどなぁ。もっと素直に束縛してって言えるといいのかなぁ。俺との時間を最優先にしろって見つめられたら、それだけでもうとろけちゃうのになぁ。
 そう言ってくれない航、本当は言われちゃうと自分の気持ちがどう変化するか不安な桜子、でも今朝の桜子は航に束縛されたいなぁっと、ひなのの声を聞きながら素直にそう思っていた。
「だって一緒に住まなくったって、電話とかメールとかで十分わたしの時間に入ってきているのよ」
「連絡来ないとどうかな」
「連絡途絶えたことないから、わかんないや」
「ふっと途絶えるとどう感じると思う」
「想像もできない」
「途絶えるだけじゃなくて、うーん、そうだね、連絡が来なくなるだけじゃなくってが近いかな、来なくなるだけじゃなくって、こっちからの連絡がつかなくなったらどうかな」
「わたしから連絡したこと今までないもんなぁ。必ず瑛太からの連絡のときにこっちの用件も済ませちゃってるからなぁ」
「深夜に人影が現れて、怖かった時期があったじゃない」
「確かにあのときは瑛太に相談したわよ。でもあれは特別。あり得ないことが起こってたんだもん」
 いつの間にか、働き蟻は視界から消えていた。思っていた以上に運ぶのは早いようだ。
「それにもう現れないよね」
 桜子とひなのはふたりの間の空気が微妙に揺れた気がした。
「そんなこともあったから、余計に瑛太の気持ちを押したんじゃないのかな」
ー学生の頃からの航とわたしの付き合い。空気みたいな自然な付き合い、気づいたらそばに来ていた、抱き合って抱かれあっていろんな体位もすんなりやって、でも何か不安、一言何かが欲しいんだろうな、わたしは。
「いいなぁ、そんな悩み」
「やっぱり真剣に聞いていないっ」
 でもひなのは何かに気づいたように、うれしそうに笑っている。対照的に桜子は少し固い笑顔をひなのに返し「きっとひなのは瑛太に対してもう少しじらすんだろうな」と思いながら、また航とのことを考えていた。
ーねぇわたしをちゃんと束縛してくれないかなぁ。

(続く)

Written by ken1

2010/06/13 at 10:17

カテゴリー: zoo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。