風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #610

leave a comment »

「魔法ってあるのかなぁ」
 きみが真顔で聞いてくる。
 ドラえもんのポケットは魔法じゃないしなぁ。
 昔々、魔法使いサリーってアニメがあったけど。
 きみは不思議な顔をする。
「もしもし、現実の話で」
 そして、
「人と人が理解しあえるようになる魔法があるといいな」
 きみが真顔で口にする。
 そうだね、そんな魔法があるといいね。
 理解できなくても、
 相手を思う心が芽生える魔法があるといいね。
 きみの真顔にふとそんなことを思った。

Written by ken1

2019/08/25 at 20:29

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #609

leave a comment »

 乗り換えの駅で、きみに降ろされた。
 きみがにっこり笑って手を振っている。
 終電間近。
 記憶はここまで。
 朝、目が覚めて枕元のスマホを手繰り寄せる。
 きみから乗り換え案内の検索結果が届いていた。
 そしてぼくもちゃんと返信をしている。
 そうか、昨夜はこうやって帰宅したんだ。
ーもしもし、今日はゆっくりおやすみなさい。
 日付が変わった直後のきみからのメッセージ。
 久しぶりに時間を気にせず楽しめた。
 いい時間だったな。ありがとう。
 窓を開け放ち、朝の空気を取りこんで、
 ぼくはもう一眠りすることにした。

Written by ken1

2019/08/18 at 21:39

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #608

leave a comment »

 昔の人はよく言ったものだ。
ー親孝行、したいときには親はなし。
 親父の時から分かっているはずなのにね。
 それなのについ、まだ大丈夫って思ってしまう。
 時に終わりはあるはずなのに。
 何の根拠もなく、まだ大丈夫って思ってしまう。
 それは田舎のお袋に対してだけではなく、
 きみに対しても、まだ大丈夫って思ってしまう。
「もしもし、どうしたの?」
 珈琲に口もつけず、きみをただじっと見ていたら、
 そうだよね、不思議に思うよね。
 どうもしない。ただ。
「ただ?」
 もっと話そうか。呆れるくらいに話そうか。
 そしてまた、きみは不思議な顔をする。

Written by ken1

2019/08/11 at 17:42

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #607

leave a comment »

 暑さは突然やって来た。
 気象庁は後出しジャンケンみたいな梅雨明け宣言をし、
 気象予報士は大気が不安定なので所々で雷雨があると言う。
 そのとおりなんだろうけど、
 とつぜんの暑さはエアコンの効きを悪く感じさせる。
ーおいでよ。
 夜になっても下がらない気温と室温。
 へたっているぼくを見透かしたようなきみからの誘い。
ーもしもし、ここまで来るのも暑いと思ってるんでしょっ。
 ぼくの思考までも見透かしているようだ。
ースイカもあるよ。
 きみは食べ物でぼくをつろうとする。
 ぼくは少し考える。
 確かにスイカは魅力的だ。
 熱帯夜の週末、
 ぼくは靴箱の上にあったエスパドリューを取り出した。

Written by ken1

2019/08/04 at 18:18

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #606

leave a comment »

ー旅行、どうだった?
 きみが覗き込むように聞いてくる。
 素敵な友だちができたよ。
 楽しいことなんて当たり前の報告だから、
 きみに伝えるのはそれ以上の報告。
 もっと早くに知り会えていたらなぁ。
ー今のあなただからそう思うのよ。
 もしもしと、きみが微笑んでいる。
ーもっと早くに知り会っていたら、
 友だちにはなれなかったかもよ。
 そうだね、素敵な出逢いって、そうかも知れないね。
 きみはゆっくり頷いた。そして、
ー写真、見せて。
 と、ぼくのスマホを指さす。
 ぼくはそのひととの思い出が詰まった写真と一緒に、
 旅の話を始めた。

Written by ken1

2019/07/28 at 18:23

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #605

leave a comment »

ーひとりでは飲みきれないわ。
 ガス入りウォーターのミドルの瓶を指差してきみが言う。
ーそのワインのチェイサー代わりにどうぞ。
 きみがもうひとつのグラスにとくとくとくと注ぐ。
 ぼくはそのグラスに口をつける。
 ガス入りもいいな。
 少し酔いが入ったぼくを炭酸がリフレッシュさせる。
ーもしもし?
 うん?
 そしてきみが話を続ける。
 それはそれは楽しい話を続ける。

Written by ken1

2019/07/21 at 19:38

カテゴリー: kiss

きみのもしもし #604

leave a comment »

ーもしもし、その時間は連絡できないわ。
 きみが申し訳なさそうにメッセージを送ってくる。
 ぼくは思う。何もきみのせいではないよ。
ーだから少し早いけど、
 何となく、きみの顔が目に浮かぶ。
ー気をつけて行ってらっしゃい。
 ありがとう。
ーたくさん楽しいこと、ありますように。
 うん、たくさん楽しい写真撮ってくるよ。
 きっと、楽しいことがたくさんあるはず。
 今年の夏はいつもとちょっと違う。
 そんな気がする。
 とっても楽しくなりそうだ。

Written by ken1

2019/07/14 at 00:01

カテゴリー: kiss

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。