風、空、きみ

talk to myself

きみのもしもし #545

leave a comment »

ーどうだった?
 うん、よかったよ。
ー心と体、浄化されたんじゃない?
 なんだかな、それ。
ーだっていつもそうだもの。
 だからたまに帰るんだろうな。
ーいいね、帰れるところがあって。
 いつまであるかな。
ーいつまでも、ずっと。
 そうだね。
ーそのお返しは何かしてきたの?
 肩もみ。
ーいいね。
 親父にもたまにやってもらってたって、お袋よろこんでたよ。
ーそりゃそうよ。
 あと、神社の裏で一緒にホタルを見た。
ーえっ。
 たっくさんのホタルがふわっと飛んでるんだ。
 きみが少し間を置いて言った。
ーもしもし。次はわたしも一緒に見たい。
 そうだね、来年はそうしよう。

Advertisements

Written by ken1

2018/05/27 at 19:18

Posted in 未分類

きみのもしもし #544

leave a comment »

ーどうしてそんなに何かをやろうとするのかな。
 きみがぼくの予定帳をゆっくりめくりながら、不思議そうな顔をする。
 きっと貧乏性なんだよ。
ー何かをやってないと落ち着かないの?
 そうじゃない。
 またきみは不思議そうな顔をする。
 次にやることを思いついちゃうんだよね。
 ずっと先のことも、この直後のことも。
 きみは口を一文字にとじ、首を横に振る。
ーもしもし、たまには全てをオフにしてね。
 ぜーんぶオフにするんだよ、ときみはもう一度首を横に振る。

Written by ken1

2018/05/20 at 19:15

Posted in kiss

きみのもしもし #543

leave a comment »

 ふつうが一番大切で、むずかしくて、
 一日の生活もふつうに過ごせたら、
 それはとても幸せなこと。
 昨日と同じように今日を、
 今日と同じように明日を、
 毎日をそんな風に過ごせたら、
 昨日気づかなかったことに今日気付けたり、
 そうすると今日はより素晴らしい一日になって、
 明日はもっと素晴らしい一日になる。
 毎日を同じように過ごすだけで、
 毎日が素晴らしい日の連続になる。
「もしもし。いいんだけどさぁ」
 そうだね。失礼失礼。
 きみと観ているこの映画、いい台詞がたくさん散りばめられてるだよね。
「だからっていちいちメモ取らないっ」
 はい。
「あとで感想話そうね」
 きみは笑って手元にリモコンを引き寄せた。

Written by ken1

2018/05/13 at 18:48

Posted in kiss

きみのもしもし #542

leave a comment »

 きみが精一杯口を一文字にする。
 きみは口を一文字にすると笑窪ができる。
 ただし右側だけの片笑窪。
 かわゆいんだけど、
 これはきみにとってはよろしくない状態の証。
ー失くしたの。
 とっても大切にしていたものをどこかに落としたらしい。
 一生懸命笑顔を保とうとして、 
 きみの片笑窪はますます深くなる。
ー言われなくてもわかってる。
 そうだね、形あるものはいつかは壊れ、いつかは無くなる。
ー大切な思い出と思いはずっと残るんだもん。
 瞬間、きみの笑窪が消えた。
ーもしもし。でもね。でもね。
 大丈夫。明日には見つかるよ。
 もっともっと思いが深くなるように、
 きっときっと明日には見つかるよ。
ー無責任っ。
 きみは呆れず怒らず、笑ってくれた。

Written by ken1

2018/05/06 at 21:44

Posted in kiss

きみのもしもし #541

leave a comment »

ーしたいことをやりたいって思ってるでしょ。
 うーん、思ってはいないけど、できればいいよね。
ーそれは無理。
 なんで?
ーだって、したいことができるのは神様だけだもの。
 そりゃあ神様だったらできるだろうけど。
ーだからぁ、そんなことは神様に任せて、わたしたちはできることをやろう。
 できること?
ーうん、できることだってまだやってないじゃん。
ーだから、まずはできることをちゃんとやろうっ。
ーもしもしぃ、聞いてるぅ?

Written by ken1

2018/04/29 at 19:47

Posted in kiss

きみのもしもし #540

leave a comment »

ーもしもし。自分から動かなきゃ、何も変わりませんよ。
 きみがニコニコしながら、ぼくに何やらチラシを差し出す。
 毎回出している写真展以外にも、こんな写真展の公募もあるよ。
 どうしても何か変わって欲しいとか、そんなんじゃないけど、
 そしてあなたがそこまで求めていないのも知っているけど、
 けどけどけど、
 せっかくだから、いつものライフワークの一つに加えてみてはいかが。
ーそうだね。
 あっという間に、明日になって、
 あっという間に、今月も終わって、来年になって。
 できるうちに、できることをやっておきますか。
ーうん。わたしもあなたの何かにお役に立てれば光栄です。
 きみはただうれしそうに頷いた。
 ぼくはいつもその顔が見たくて、頑張っているのかな。
 そんなことを知ってか知らずか、きみはまたニコニコしている。

Written by ken1

2018/04/22 at 18:51

Posted in kiss

きみのもしもし #539

leave a comment »

 おはようって何回も言うきみ。
 そう言えば、いただきますも何回も言う。
「もしもし、なに笑ってるの?」
 そして、もう一つ気がついた。
ー行ってらっしゃい。
「うん、行ってきます」
 靴を履き終えたきみ。
 きみは毎回ドアを出るまでに、
 何回の行ってきますを口にしているのだろう。
 少なくとも3回くらいは言ってそうだな。
 そして、ドアを閉めようとしたきみはまた口にした。
「行ってきまぁす」
 はい、行ってらっしゃい。
 なんとなくいい感じ。
 今日もいい一日になりそうだ。

 

Written by ken1

2018/04/15 at 18:50

Posted in kiss

%d bloggers like this: